良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『トイストーリー3』(2010)シリーズ完結編にして、最高傑作。ピクサー作品中でも最高かも…。

<<   作成日時 : 2010/07/17 21:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 11 / コメント 4

 今日、仕事の合間を縫って、劇場に走り、観て来ました。話題の映画でもありますので、混んでいるのかなあと予想しましたが、今週ずっと降り続く雨の影響からか、かなり少なく、のんびりとした環境で見ることになりました。

 『トイストーリー』が生まれてから、今年で15年になります。当初はCGアニメへの懐疑と偏見から、必ずしも好きとは言えませんでしたが、この作品に限って言えば、第一作目から第二作目、そして今回の第三作目に至るまで、すべて予想以上の出来栄えを誇り、個人的には大いに満足できる仕上がりでした。

 途中に挟み込む映画の小ネタが楽しく、今回も『ミッション・インポッシブル』『スターウォーズ ジェダイの復讐』などを連想させるネタが多く、クスクスと笑いました。若い人は何故ぼくが笑っているのか不思議そうにしていましたが、彼らも数十年も映画ファンを続ければ、同じような感覚を味わえる日が来るのを楽しめることでしょう。

画像


 ストーリー展開は前2作と同じように結構シビアな展開を見せつつも、最後は誰もが納得できるような大団円に持っていきます。ディズニーらしいなあとも思わせますが、途中は本当にリストラや家族崩壊、時間の経過という避けられない悲しみなどが盛り込まれていて、寂しくなるシーンも多々ありますが、最後はホロりとさせてくれるとても温かい映画になっています。

 オモチャと人間の別れという今までのテーマだけではなく、人間同士の中でも家族の別離がしっかりと描かれていて、重層的な作りになっていて、単なる子供向けアニメの範疇にはない。ディズニーとピクサーのこの映画に懸ける思いが伝わってくるようでした。

 マイナス点としてはこれは最初から3Dを意識して作られたとのことだったのですが、観ていた時の印象としてはあまり3Dという効果は必要ないのではないかというものでした。あまりくどくないというか、普通にフィルム上映の従来型の映画として観ても十分であり、わざわざ高価な3D上映にこだわる必要性はなさそうです。

画像


 迷われるのであれば、3Dがたとえば混雑していて、2D上映が空席があるとすれば、2Dで十分であるということです。『アバター』のときのように、それでなければ価値が半減するという類の作品での使用ではありません。

 眼鏡が煩わしいという映画ファンならば、なおのこと、3Dに拘るよりはおなじみのキャラクターたちの最後の桧舞台を楽しんだ方がより楽しく過ごせます。最初の5分間くらいに、ディズニー製作の短編映画が流れるのもミソで、『デイ&ナイト』というタイトルが付けられていて、映画創成期のシリアルのようで、楽しく観ました。

 幼いアンディの想像の世界に出てくる、ブタの宇宙船がとくに可愛らしく、ほのぼのとした気分にさせてくれました。
とてもよく出来た映画で、多くの見せ場があります。

画像


 そのなかでも、一番印象的なシーンとしては後半さまざまな困難を乗り越え、ようやく保育園を抜け出したにもかかわらず、ゴミ処理場の焼却炉の業火へまさに落ち込んで行こうとする刹那を挙げます。

 ウッディ、ジェシー、バズ、レックス、ブルズ・アイ、ポテト・ヘッド夫妻らの苦楽をともに乗り越えてきたはずのお馴染みの仲間たちがついに死を悟り、皆が手を繋ぎながら、粛々と運命を受け入れようとする姿にジーンときてしまいました。

 最後まで諦めないというのはアメリカ人的なメンタリティだったと思っていましたが、ついにこの国にも諦観という成熟した概念が生まれたということなのでしょうか。もちろん絶体絶命の危機は第2弾から登場している3つ目のピザ・チェーンのおまけのエイリアンたちの最も得意とするクレーン操作によって切り抜けることになりますが、このシーンとその前にある悪質なテディベアの裏切りのくだりがあるとないでは映画の印象の強さと深みがまるで変わってきます。

画像
 

そして、そこまでしてアンディのもとへ帰ってきたオモチャたちに待ち受ける運命には多くの観客と自分もかつて経験してきたさまざまな別れを思い出しました。大人に成長したアンディの家の屋根裏で、埃にまみれて余生を過ごすよりも、オモチャを大切にしてくれる新しい少女ボニーのもとで新しい人生を送るほうがはるかにオモチャにとっては有意義である。

 モノを大切にしようということ、そして別れと出会いを受け入れるということはこの作品群の大きなテーマのひとつであったが、ここでも完結編だからといって、センチメンタルに甘めに演出することなく、ビター・スイートに仕上げていました。冒頭で成長したアンディによって仕分けされる運命となったオモチャたちの悲しみの顔は絶望的でした。

 オモチャだけに限らず、大学に行くとき、社会人になるときにぼくらは多くの別れを経験しますが、友人を選別する時期でもあります。ずっと付き合いたいと思う友人もいれば、そうでない者もいる。住む場所が遠くに離れるために自然に疎遠になる者、それまで付き合ったこともなかったが、大学や会社が一緒になる者とそれぞれです。

画像


 それはさておいて、オモチャ仲間を裏切って、自分だけが助かろうとしたテディベアに待ち受ける運命は苛烈な磔でしたが、これは裏切りの代償であり、誰でもない自らが求めた結果に過ぎない。物語を通して、このテディベアは悪役として描かれるが、多くの捨てられたオモチャたちのアイコンが彼の存在なのではないだろうか。

 幸せなオモチャ・ライフを送ったモノと不幸なそれを送らざるを得なかったモノとの差がひとつひとつの行動に現れるのであるが、このテディベアはまるでアナキン・スカイウォーカーを彷彿とさせる。倒され方もパルパティン皇帝に似ているのがご愛嬌でした。

画像


 大事にしてあげないとアナタのオモチャも不幸で可哀相な余生を送ることになりますよという教訓にも聞こえます。モノに例えてはいますが、人間関係そのものを描いています。彼を助けて、裏切られたウッディたちは復讐するために彼を探すことすらなく、無関心というもっとも友情からかけ離れた態度を示し、テディベアの存在を気にも留めずにアンディの家を目指す。

 人には親切にすべきである。しかし通じない相手には悪口など言わずに放っておいて、自分の人生を前向きに進んで行く。大人の対応であり、他人に裏切られたと思うときの正しい行動をしている。

 子供向けアニメ作品だと高をくくっていると足元をすくわれる作品です。大人こそ観るべき映画がこのトイストーリー・シリーズではないでしょうか。食わず嫌いの方に観てほしい。ジャンル映画をバカにしていると視野が狭くなってしまうので、映画ファンを自認するなら、その目で確かめるべきでしょう。

 総合評価 90点




トイ・ストーリー スペシャル・エディション [DVD]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
2010-05-21

ユーザレビュー:
5歳の息子お気に入り ...
初めてTDLに行く3 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



トイ・ストーリー2 スペシャル・エディション [DVD]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
2010-06-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ディズニー トイ・ストーリー トーキングアクションフィギュア NEW バズ ライトイヤー
タカラトミー
2010-05-29

ユーザレビュー:
所さんの声に似ている ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ディズニー トイ・ストーリー トイストーリーコレクション スペース エイリアン
タカラトミー
2009-10-31

ユーザレビュー:
表情が可愛いですトイ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



トイ・ストーリー3 DVD+ブルーレイセット(DVDケース)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2010-11-03

ユーザレビュー:
収納を考える場合にこ ...
映画としての完成度1 ...
「面白い」という一言 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トイ・ストーリー3 DVD+ブルーレイセット(DVDケース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『トイ・ストーリー3』お薦め映画
シリーズ完結にふさわしい、素晴らしい感動のラスト。きっとお母様方も涙、涙である。 ...続きを見る
心をこめて作曲します♪
2010/07/27 03:12
『トイ・ストーリー3』 これは現実だ!
 『トイ・ストーリー3』は、顧みられなくなったオモチャたちの、悩みと哀しみを主題とした作品である。  そこで描かれるのは、こんなこと&... ...続きを見る
映画のブログ
2010/08/07 08:36
「トイ・ストーリー3」
劇場鑑賞は7月末で、先に記事アップした「闇の列車、光の旅」よりも先に鑑賞したんだけど、いささかのバテバテ状態で頭が滑らかに動かない状態で記事アップがやっと今。TOY STORY 3 Anime/2010年/アメリカ/103分 監督: リー・アンクリッチ 脚本: マイケル・アーント/ジョン・ラセター/アンドリュー・スタントン/リー・アンクリッチ 音楽: ランディ・ニューマン 声の出演: トム・ハンクス/ティム・アレン/ジョーン・キューザック/ネッド・ビーティ/ドン・リックルズ/マイケ... ...続きを見る
寄り道カフェ
2010/08/11 09:08
トイ・ストーリー3 (Toy Story 3)
『トイ・ストーリー3』は、ピクサー・アニメーション・スタジオが製作したフルCGの長編アニメーション映画で、大ヒットを記録した前2作に続くシリーズ第3作目です。前2作で監督を務めたジョン・ラセターは製作総指揮に就き、リー・アンクリッチが単独で監督を務めています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 ...続きを見る
yanajun
2010/08/15 21:59
トイ・ストーリー3
 大評判の映画は、なんだか巨額の宣伝費に踊らされた感じがして敬遠していたところ、最近の『借りぐらしのアリエッティ』も『告白』も実際に見てみるとなかなか良くできていて、それならと『トイ・ストーリー3』を見に、近くの吉祥寺プラザに出かけてみました。  この映画館の場合、3Dではなく、かつ吹き替え版ながら、映画の中で表示されている文字でまでもが日本語になっているのには驚きました。  夏休みということもあって、大勢の子どもたちが父兄と一緒に映画館に来ていましたが、もしかすると、子供たちよりも父兄たちの方... ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2010/08/21 21:49
映画:トイストーリー3 Toy Story 3 3部作の映画で、もしかして史上最高レベル?!の傑作。
これほどの最上級の表現するのに(躊躇しそうで)実はしない。 この映画は、史上最高レベルの「3部作」だと。 ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2010/08/26 01:41
トイストーリー3公開記念〜 オススメiPhoneデスクトップ(オトナ向け)
最新の、iPhoneお気に入りデスクトップ画面をご紹介したい。 それは、コレ(写真) ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2010/08/26 01:42
最上最高の「3部作」映画 ≒ トイストーリー3? を検証してみる(笑)
先日、トイストーリー3 を褒めるのに、「3部作の映画で、もしかして史上最高レベル?!の傑作」という表現をした。 (当ブログ 2010-07-03アップ) ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2010/08/26 01:42
映画:トイ・ストーリー3 (3D)
 夏休みも終わってしまいましたが、夏休み映画の本命映画の1つトイ・ストーリー3を3D字幕版で観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2010/09/08 18:09
【映画】トイ・ストーリー3…感涙!しかしトラウマ!?
本日は快晴の土曜日{/kaeru_fine/}ですが、今からお仕事に行くピロEKです{/face_acha/} やっぱ土曜日とかは働きたくないですね{/face_ase2/}…平日に働きたいかと言われれば、やはり働きたくない訳ですけど{/face_ase2/} ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2010/09/23 04:16
映画評「トイ・ストーリー3」
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督リー・アンクリック ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2011/11/28 17:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう本作ネェ。
これは劇場までやっぱり観に行こうと思っている。息子と二人でね。ジブリ作品はパスしたわ。ジブリ作品っていわば宮崎駿の執念ともいえる作品テーマあってこそだったから、観る方も手ごたえ感じたんだけど…。
本作は今までは劇場鑑賞はしなかったけど、3に関しては劇場で観ようと思っている。観たらまたきますね!
シュエット
2010/07/23 13:38
 こんばんは!
これって、第一作目からずっと観ていたんで、今回の完結編は感慨深いものがあります。

ジブリはぼくは観に行きますよ(笑)ただジブリも毒というか、おっしゃるように執念がなくなってきていますね。残念なことです。

ただその前に『インセプション』が観たいですよ。

ではまた!
用心棒
2010/07/23 20:28
観にいきま〜すって言って7月末に観にいったんだけど、この暑さで半分溶けておりまして、やっと記事アップです。
いやぁ、ラストシーンは胸にジーンときて泣かされたわ。この作品のテーマって大人だからこそ分かる痛みじゃないかしら。これ見てなんも感じない人ってきっと不感症になってしまった人なんだわって思いません?
でもアンディみたいにずっと大事にしてきたものをもててる人って幸福な人だって思う。用心棒さんにとっては「スターウォーズ」なんかもそうかもしれないね。爺様になってもあのテーマ曲を聞くと俄然元気になってたりして〜(笑)
奈良も暑いでしょう? ロシアも30度越えてるってニュースにびっくり。来夏はどうなるんでしょうね。
ご自愛くださいね。
あとから着々とあげてられるスターウォーズの記事読ませていただきますね。「エピソード3〜シスの復讐」なんてバカみたいに3回観にいったわ。
シュエット
2010/08/11 09:17
 こんばんは!夏本番という感じですね!

 三時過ぎぐらいが一番暑いので、出ないようには心がけておりますが、どうしても出てしまいます(笑)
先日も美輪の小山を登ってきましたよ(汗)

 ラストシーンは良いですね。ジーンときました。あとは印象強く残っているのは焼却炉で皆が覚悟して、手を繋ぎ、見つめあうシーンでしょうか。

>奈良も暑いでしょう?
すごいですよ(笑)朝6時半くらいに電車に乗るんですけど、もうセミが夏を讃えていますよ(笑)

>あとから着々と
夏休みの宿題のように計画的にアップしています!あとは裏三部作の『イウォーク・アドヴェンチャー』と『エンドア 魔空の妖精』を残すのみとなっております。

>3回
ぼくも三回行きました(笑)やっているとどうしても観に行きますよね!

ではまた!
用心棒
2010/08/11 19:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
『トイストーリー3』(2010)シリーズ完結編にして、最高傑作。ピクサー作品中でも最高かも…。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる