良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ハヌマーンと5人の仮面ライダー』(1974)ハヌマーン映画のまさかの第二弾はライダーとの共演!

<<   作成日時 : 2010/07/06 23:49   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 8

 今週ヤフオクで何気なく見つけた、この映画のタイトルは『ハヌマーンと5人の仮面ライダー』、つまり『ウルトラ6兄弟と怪獣軍団(原題は『ハヌマーンと7人のウルトラマン』)』の続編でした。

 権利関係の怨念もあり、おそらく円谷プロからは永久にウルトラマンとしては認められないであろうハヌマーンを前面に押し出した日タイ合作の不幸なウルトラマン映画のあとに、懲りないチャイヨーが仕掛けてきたのがこの映画だったのです。

画像


 しかも東映の許可をまったく取らずに仮面ライダー映画を撮ってしまったチャイヨーの権利使用についての感覚の無茶苦茶さにまずは驚かされる。後に東映に賠償金を支払うことで片を付けたようですが、どうしても後味の悪さは付きまとう。

 まがりなりにもウルトラマンのときには日本側のスタッフが招かれて、演出や特撮に職人としての腕を奮いましたが、先ほど申しました通り、今回は隠れてコソコソ作ったため、無断盗用及び流用した、初代仮面ライダーからXライダーのシーンを7割方使用し、あろうことか“おやっさん”立花藤兵衛にタイ語でアフレコを付けてしまっていました。

画像


 主題歌にはXライダーのオープニング・テーマをタイ語に訳し、下手な歌手に歌わせています。彼は一番盛り上がる「かめ〜んライダー!えっくす!えっくす!えっくすう〜!」の最後のえっくすのときに音程が狂ってしまい、カッコいいこの歌を台無しにしてしまっている。

 主にXライダーの怪人たちを使っているのに、主役はなぜかV3なのも微妙でした。この当時にXライダーはまだタイで放送されていなかったため、仕方なくV3を主役に持ってきたらしいのですが、真偽は分かりません。というかどうでもいい。

 オープニングで掛かり、その後も何度もこの歌とともにアクション・シーンに入るのですが、調子外れなこの歌を聴く度に、体が脱力していきます。

画像


 このオープニングは許可を取らないで撮影しているのがすぐに分かります。5人ライダーたちは横並びでバイクを走らせるため、道路の追い越し車線にまではみ出してしまい、一番端っこにいるライダーマンは後続の車に煽られるし、どんどん抜かれていきます。

 かつて、ライダーたちのバイクを追い抜いていく一般車両があったでしょうか。チンタラ走り、しまいにはバラバラのタイミングでカメラに向かって手を振る彼らを見れば、熱烈なライダー・ファンならば、涙を流して抗議するかもしれません。

 盗用シーンはもともと日本のスタッフが撮影したものなのでしっかりとはしていますが、繋ぎがメチャクチャで意味不明になっています。V3に出て来たデストロンの幹部が唐突に1シーンだけ登場したり、Xライダーに出て来た怪人たちとの戦闘シーンも適当に繋がれていて、見れば見るほどワケが分からない。

画像


 タイで撮られた新撮のドラマ・パート及び特撮パートの出来映えが泣きそうなくらいレベルが低く、繋がりが理解できず、さらに失笑を招く。特に酷いのがご覧の通りのライダーマンで、顔がほとんど見えてしまっていて、仮面ノリダーとの差がほとんどないのが実情でした。

 作品の仕上がりのレベルがあまりにも低いためか、仮面ライダーの母国である日本では一度も放送されていませんし、ビデオ化はもちろん、DVD化もされたことはありません。そのため今回入手したこのソフトの使用言語はタイ語のみであり、字幕はついていません。

画像


 まあ、たとえ言葉を理解できなくても、見ればおおよその見当はつきますので、特に問題はありません。フォーマットが変わっていて、ビデオでもDVDでもないVCDというアジア圏で多く使われるものでした。

 普通のDVDプレイヤーかPCで再生できるとのコメントが出品者の説明欄にありましたのであまり良く考えずに落札しましたが、じつはこのフォーマットは曲者で、家にあるHDDデッキのうち、作動したのは地デジには非対応の5年位前に買った、一番古いデッキのみでした。

画像


 Xライダーに登場した大幹部と言えば、誰もがすぐにキング・ダークを思い出しますが、彼の特徴は黒光りするメタリックな質感と巨大なボディでした。最初にキング・ダークをカメラが捉えたとき、ぼくらが見たのはいつものキング・ダークでした。

 しかし次の瞬間に出てきたのは安っぽく銀色に塗られた、人間と同じ大きさのバランスの悪いミノタウルスのようなくすんだ感じの銀色牛の着ぐるみでした。これを同一人物と言われても誰も納得できないでしょう。椅子に座っているところに手下といる様子はまるで介護されているおじいちゃんのようで、強さのかけらも感じません。

画像


 しかもこのキング・ダークは前作でハヌマーンによって握り潰して殺された悪党のひとりを幹部として使うために地獄から蘇らせました。この地獄シーンがとんでもない代物で、太い杭に登らされた若い全裸の女たちを槍で突きまくるという、まるで石井監督か牧口監督が撮りそうな安っぽい地獄を描いているのです。

 まさか仮面ライダーで全裸の女たちに拷問するシーンが入るとは思いもしませんでした。こうして地獄から連れ戻された幹部でしたが、彼はなんにも怪人らしいコスチュームを与えられず、普通に紫の衣装を着て、ライダーたちと互角に渡り合う。彼は逆に凄いのかもしれません。

画像


 前作に登場した博士もキング・ダークたちに無理やりさらわれ、怪人作りに協力させられる。この偽物キング・ダークはロボットなのに若い女の生き血を啜り、地獄巡りが出来て、巨大化したり、小さくなったりします。何気にライダーよりも個としての能力を持っています。

 このときに登場してくる怪人たちのクオリティがあまりにもお粗末で、ひっくり返りそうになります。半裸のムエタイの戦士のアタマに鳥やら豚やらのマスクを被せただけなのです。あまりにも酷い。いまどきの中学生の文化祭ならば、もっとましなのを作れそうです。

画像


 ずっと書いてきましたが、「あれっ?ハヌマーンは? 」と思った方がいるかどうかは知りませんが、彼は映画の最後の方で急に現れ、キング・ダークの攻撃によって皆殺しにされたライダーたちを蘇らせたあとにキング・ダークと戦い、なんとなく勝ってしまう。

画像


 ライダーたちはなんとなくハヌマーンに感謝し、なんとなくエンディングを迎えます。なんだったのだろう?100分近い大作だったはずなのだが、ずっと眠たく、ずっと集中し切れませんでした。良い所を探そうと苦労しましたが、タイの田園風景って、のどかでいいなあというくらいでした。

 前作でハヌマーンにやっつけられた悪党は再びハヌマーンの手にかかり、つまり握りつぶされて、地獄に戻っていく。そこでは妙にのんびりした閻魔大王が待っていて、彼に地獄の沙汰を下します。それは打ち首で、彼の首が地獄の釜の近くに転がり、それを鬼たちが壁に飾ってエンディングを迎える。なんだか石井&牧口ワールドのような終わり方で、後味の悪さが残る。

 石ノ森プロはどういう顔でこれを見たのだろうか?ぜひとも聞いてみたい。こんな酷いものがタイで普通に見られるのに、どうして仮面ノリダーはいつまで経っても見れないのだろう?

画像


総合評価 26点

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ピラミッド』(1955)子どもの頃に見たっきり30年近くが経ちました…。現在入手困難!
 映画ファンなら誰でもそうでしょうが、大人になってから観た映画よりも小学生から中学生の頃に観た映画の方が思い入れが深いに違いない。 ...続きを見る
良い映画を褒める会。
2011/09/03 18:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
でも、ハヌマーンって、ウルトラマンと仮面ライダーと両方に共演できた唯一のヒーローなんですよね?
すごいなあ…
(てか、ヒーローじゃなくて巨大な白猿か)

2011/02/20 14:38
 電さん、こんにちは!

>両方
言われてみればそうですね(笑)
強運の持ち主なのかもしれません。

ウルトラマン・リンチという別名もありますが、ウルトラ・シリーズのファンとしては、ウルトラマンなどと名乗って欲しくはないですよ。

まあ、この作品に関しては、特撮ファンが集まったときの話しのネタにはなりますよ(笑)

ただほとんどの人はウルトラ兄弟との絡みは記憶にある方が数名いましたが、さすがに続編の存在は知らない方ばかりでしたし、見たことがないと言っていました。

ネット時代になって、動画サイトで断片が流れたために存在が認められましたが、全編はなかなか難しいようですね。

 ではまた!
用心棒
2011/02/21 16:28
台湾で製作・公開された台湾版「五人ライダー対キングダーク」の事、「閃電五騎士」。1976年、台湾の映画会社「東星電影」が「閃電騎士V3(台湾版「仮面ライダーV3」)」に続いて東映と一緒に作ったのが、この「閃電五騎士」。タイ版と同様、五人ライダー(1、2号ライダー、V3、ライダーマン、X)がキングダークとの闘いに挑むという物。日本版及びタイ版との違いは俳優が全て台湾人だが、ストーリーは仮面ライダーX第1話と五人ライダー対キングダークをベースにした作品となっている。後半のアクションシーンとドラマパートは台湾で撮影されている。台湾版のキングダークは東映の八木功に新規造形の物となっており、台湾版ライダーマンは女性という設定となっているなど台湾版仮面ライダー独自の設定がチラホラしている(タイ版に比べれば、台湾版の方がまだマトモに見えるますが…(まぁ、バイク、スーツ、ヘルメット、大道具、小道具は全て日本からお借りしている模様))。
マイケル村田
2013/06/11 21:39
 こんばんは!
台湾版もあったんですね。知りませんでした。世界中でパチ物が作られるということはそれだけ本家が愛されていたということなんでしょうかね。

色々とまがい物を探し出すのも楽しいですね。

ではまた!
用心棒
2013/06/12 22:25
まぁ、タイ版の仮面ライダーはあきらかにパチ物ですが、アメリカ版の仮面ライダーと台湾版の仮面ライダーは日本との合作。前者の方はパワーレンジャーのサバンと東映による「マスクド・ライダー」、アドネスエンターテイメントと東映による「カメンライダー ドラゴンナイト」、後者は上記のコメントで述べた通り東星電影と東映による「閃電騎士シリーズ」。台湾制作とアメリカ制作のが正式的にリメイク作品でタイ版は無許可のリメイク版となります。
マイケル村田
2013/07/06 16:22
 こんにちは。

あちこちで企画が持ち上がるということはそれだけライダーを好きなファンが多いということなのでしょうね。ライダーの利点はウルトラマンシリーズと違い、等身大ヒーローなので、特撮セットを組まなくても良いということでしょうか。

>台湾制作
機会があれば、一度見たいですね。

ではまた!
用心棒
2013/07/07 08:25
ハヌマーンと5人の仮面ライダーに登場する安っぽいキングダークとかっこ悪そう新怪人軍団と閃電五騎士に登場するアトラク用暗黒大将軍のスーツを改修したキングダークと八木功とエキスプロが新規造形した新怪人軍団と比べると…、台湾版の方が何気に本気出すほどの出来栄えです! 特撮シーンは八木功が担当していた模様。 イナズマンFでの経験を閃電騎士シリーズ(閃電騎士大戦地獄軍団、閃電騎士V3、閃電五騎士)に生かしたと述べている。やはり台湾と日本の合作版仮面ライダーだと出来は凄いなぁ…。
マイケル村田
2013/07/18 20:48
 こんばんは!

>イナズマン
なつかしいですね。Fはたしか第二部の巨大化するやつですよね。

 さなぎまんからイナズマン〜♪でしたっけ。小さい時によく再放送をしていました。

ちゃちな特撮モノもありますが、なんにせよヒーローが出てくる番組は楽しく見ていました。

ではまた!
用心棒
2013/07/18 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ハヌマーンと5人の仮面ライダー』(1974)ハヌマーン映画のまさかの第二弾はライダーとの共演! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる