良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『MW-ムウ-』(2009)手塚治虫の生誕記念映画にしては残念な結果でした。100周年に期待だ!

<<   作成日時 : 2009/11/26 00:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 『MW-ムウ-』は日本が世界に誇る漫画界の巨人、手塚治虫の生誕八十周年記念映画として製作された作品です。『ブラック・ジャック』『鉄腕アトム』『ジャングル大帝レオ』『リボンの騎士』など多くの傑作を持つ彼の作品の中から、なぜこれが選ばれたのかは不明です。

 生誕記念映画ということで製作者の気合いが入っているのは分かりますし、宣伝に力が入るのも頷けます。ただ残念ながら、そういった気持ちはこの映画の質的向上に反映されていたとは思えず、そのやる気は空回りしている。原作は未読なので、この映画から受ける感想となります。

画像


 見た印象としては手塚治虫ならではの独特の世界観を映画化するにあたり、後でDVD化するさいのことも視野に入れ、どこからも苦情が来ないように、可もなく、不可もなく、上っ面を描いているように思えました。登場人物の闇の感情の奥深くまで描けていたとは言い難く、玉木宏をはじめ石橋稜や石田ゆり子など、けっこうおなじみな俳優陣を擁しているわりには見た後にあまり印象に残っていない。いや、一人だけいる。玉木宏そのひとであす。

 彼がここで見せるシャープさは素晴らしく、綺麗な俳優さんという珍しい印象を持たせてくれました。玉木ファンであれば、動くブロマイドのようでもあり、十分に楽しめるかもしれません。しかし、もし見る人がそうでないならば、この映画は苦痛でしかないであろう。

 本来の物語そのものはよく練ってあるはずなのだが、映画としてみると何だか物足りなさと違和感が残る。あれも入れよう、これも入れようとしたために散漫になったのか、薄い感じがしている。また最悪なのが自らの存在を主張しすぎるカメラの動きでした。

画像


 はっきり言って、あのようにチョロチョロ動かれると、物語を含めて映画全体に集中しづらくなってしまっているのが観た者多くの評価を下げているのではないだろうか。オーソドックスな見せ方をしたほうが評価が高まったのではないかと思いました。

 無意味に繰り返される360度パンや残酷な殺害シーンを執拗に何度も見せるに至っては下世話で悪趣味もはなはだしい。見せるべき映像と不必要な映像を分かっていない俗物のような見せ方は手塚作品に失礼なのではと思いました。同じシーンを角度や視点を変えたスロー・モーションで見せられても、多用しすぎると、むしろ単調で工夫を感じません。

画像


 ここぞで使うから効果を発揮するのがスロー・モーションやコマ落としや速回しなどの現実には有り得ない映像だと思います。ストーリーとしては殺人化学兵器による虐殺から逃れた二人の少年の国家への復讐と葛藤を描こうとしているのですが、玉木宏と山田孝之二人の性格が両極端であるにもかかわらず、中途半端でピンとこないのは感情移入していくうえで致命傷でした。

 通常であれば、両極端にした方が映画としては見やすいはずなのですが、何故にこのような無残な出来になってしまったのであろう。玉木を怪物として描くにしては彼の写し方は美しすぎて、嫌味さや得体の知れない薄気味悪さがさっぱり伝わってこないのです。

 さらに致命的だったのは好対照であるはずの山田が完全に“影”になってしまい、作品の中で埋没してしまったことでした。むしろ玉木を追いかけていく石橋稜の前半のダイ・ハードもどきのチェイスくらいしか頭に残っていない。玉木の独り舞台であり、他の誰もが印象に残らない。それは映画と呼べるのだろうか。

総合評価 42点




MW‐ムウ‐ [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
2009-11-06

ユーザレビュー:
なかなかカッコイイ始 ...
アイドル映画みたい… ...
手塚治虫はこの作品を ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



MW(ムウ) (1) (小学館文庫)
小学館
手塚 治虫

ユーザレビュー:
主人公のキャラクター ...
手塚さんは怖いなぁ。 ...
むぅ?(@_@;)手 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



MW(ムウ) (2) (小学館文庫)
小学館
手塚 治虫

ユーザレビュー:
流石!!!いやーーー ...
二度と忘れられない最 ...
この本が手塚作品の代 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
叩かれっぷりでは「カムイ外伝」といい勝負(笑)。私は怒りたくないのでどちらも見ていません。
TV局がからむと、後で地上波ゴールデンタイムで放映ってのが大前提だし、そうすると原作どおりに作ったらR指定は免れられないし、改変せざるを得ないんでしょう。でも殺人はOKで同性愛はダメっていう基準がようわからん。確かに結城が白ブリーフいっちょで賀来に「抱いて〜!」なんてシーンをリアルにやられたら玉木ファンの女子たちはドン引きするでしょうけど。でも監督も、批判されたからって、後になってから「同性愛部分をカットしないと金出さないって言われたんで...」って言い訳されてもカッコ悪いだけです。
garagie
2009/12/13 22:11
 garagieさま、こんばんは!
これって、きちんと作れば、巨匠の仕事を世に再び問うことも可能だったはずですが、中途半端な仕事のために焦点がボケていて、後味の悪さが残りますね。

TV放送が重要なんでしょうが、製作者サイドは映画館に観に行くファンを完全に無視していて、TVをタダで見るだけの視聴者の方を向いていて、本末転倒の甚だしいですね。好きに作らせる度量もないのなら、危ないテーマの作品に手を出すべきではないでしょう。

 ではまた!
用心棒
2009/12/13 23:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
『MW-ムウ-』(2009)手塚治虫の生誕記念映画にしては残念な結果でした。100周年に期待だ! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる