良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『めぐり逢えたら』(1993)最近ラブコメをたくさん観ています。まあ、いいかあ…。

<<   作成日時 : 2009/03/17 19:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 ミュージカル以外にはあまり食わず嫌いもなく、どんなジャンルの映画も見続けておりましたが、最近仲良くなった女性がめちゃくちゃラブコメが好きで、その手の映画の話で盛り上がっています。彼女は20代前半ですので、1990年代後半以降の映画を観ているようです。

 出てきた映画は『めぐり逢えたら』『ニューヨークの恋人』『ユー・ガット・メール』『ゴースト/ニューヨークの恋人』『アメリ』『ブリジット・ジョーンズの日記』とその続編などでしたので、おそらく彼女はメグ・ライアンのような可愛らしさとオドレイ・トトゥのようなセンスが好みなのでしょう。

 実際、彼女はロマンチックな映画には憧れている、可愛らしい女性です。自分も何気なく付いていけていたのは映画の雑食性のおかげだったのでしょう。クラシックもちょこちょこ見ているようで、オードリー・ヘップバーン主演作というよりは映画の歴史上の宝物でもある『ローマの休日』『ティファニーで朝食を』なども好きなようでした。

 ラブコメ好きな彼女はその趣味について「ばかっぽいとか思われるでしょうね?」とか、「くだらないって、思うでしょ?」とか、えらく気にしているようでしたので、「そんなことないよ。」とフォローしておきました。ジャンルにこだわらず、少しずつ、自分の映画の趣味のテリトリーを増やしていければ、彼女もいつかサイレントやフランス映画の魅力に気づいてくれる日がくることを願っております。

 映画を観ている自分も、どこかつねに傍観者になっているというか、一線引いた目で観るようになって久しいため、彼女のような純粋に映画を楽しむという、本来のスタンスを忘れてしまったように思えました。

 そして、ぼくはこの週末はツタヤに走り、10年以上前にレンタルで借りた『めぐり逢えたら』『ニューヨークの恋人』『ユー・ガット・メール』『ゴースト/ニューヨークの恋人』を再び借りてきて、ここで記事にもした『アメリ』もまた観なきゃと思い、WOWOWで観た『ブリジット・ジョーンズの日記』を録画したDVDを引っ張り出してきました。

 あらためて見直すと、男目線でばかり映画を観ていたなあと愕然としましたし、よく観ているとほのぼのして良いなあと思い直しました。ケーリー・グラントの『めぐり逢い』を上手く使っていた『めぐり逢えたら』が特に印象が強い。中年夫婦とトム・ハンクス、彼の息子役である少年と彼のガール・フレンドである少女が別々のところで『めぐり逢い』を観ているのですが、どちらも女たちは号泣し、男たちは醒めた目で彼女らを見る。

 また反対に男たちが『特攻大作戦』の話で大いに盛り上がっているときには女たちは見下したような目で彼らを見る。これって、かっこつけてばかりの映画よりもよっぽど男と女の映画の「ツボ」の違い、もっといえば人間の違いを見事に突いているように思え、おもわず唸ってしまいました。

 今度のお休みに、彼女は『マンマ・ミーア!』を観るようです。僕はすでに観ましたが、個人的には60点くらいかなあ、という作品でした。今度会ったら、彼女の視点をまた聞いてみるつもりです。新鮮な感覚で観る映画の話もまた、楽しいものです。自分ひとりで映画を究めるのも素晴らしいですが、他の人たち、それも若い人たちとの会話の中で、簡潔に、しかもくどくどしくないように、そしてマニアック過ぎないように映画の魅力を語るのもまたとても刺激的に思う、今日この頃です。

 ブログでは長く、その映画を語るのに慣れてしまっているので、かなり難しいのですが、ここでも「面白い。」とかは絶対に言わずに、各々の映画を語れれば良いかなあ、と思っています。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒さん、お若い女性の映画ファン、大切にしてあげてください。
わたしとしては、あまり関心の無い分野ですが、むしろだからこそ影響を相互に受けることも大切なことですよね。
何せわたしもアラン・ドロンのファンになったきっかけは従姉の影響でしたから。
では、では。
トム(Tom5k)
2009/04/12 17:54
 おおっ!トムさん、おひさしぶりです。
 男目線と女目線ではかなりの開きがあり、新鮮な驚きを覚えましたし、刺激を受けました。マニアックな映画ファンではなく、普通に映画を楽しもうとしているようなので、のんびりと話をしていきますね。
>従姉
結構ありますよね。仲の良い女性や友人から話を聞いていて、何かの折にそれを観る時って、それまでの先入観とかなしに純粋に観れますので、映画ファンとしての幅が広がりますね。
 ではまた!
用心棒
2009/04/12 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
『めぐり逢えたら』(1993)最近ラブコメをたくさん観ています。まあ、いいかあ…。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる