良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『華麗なる殺人』(1965)近未来、殺人ゲームを合法化した、パラレル・ワールドを描いたSFコメディ。

<<   作成日時 : 2009/01/26 00:50   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 昔、といってもつい数年前に読んだ本に『映画の文法』という一冊がありまして、その内容はカットの意味、編集の技術、アングルの意味などを纏めた、かなりマニアックなもので、分厚さも凄まじく、高校で使っていた辞書くらいの厚さを誇る労作でした。その本の中で、テキストとして採り上げられているのが、カルロ・ポンティ製作、エリオ・ペトリ監督、そして主演にイタリアの俳優として最も有名なマルチェロ・マストロヤンニ、ヒロインにウルスラ・アンドレスを迎えた、この作品『華麗なる殺人』でした。

画像


 英語タイトルは無骨な『The 10th Victim』、原題の方(イタリア語表記も英語題と同じ意味の『La decima vittima』)も内容を物語っていて好きなのですが、これにも無理やり邦画タイトルをつけようとする配給側の思惑のためか、「華麗なる」などという妙な冠を被せられてしまいました。もっとも『マストロヤンニがやってくる!ヤアヤアヤア!』よりはましなんで、良しとせねばならないのでしょう。

 『大いなる陰謀』でも感じたことではありますが、少しでも興行成績を残さんがために致し方ないにせよ、いい加減な邦題をつけるくらいならば、原題をカタカナ表記をするなどをしたほうが親切であろう。邦題で騙し、CMで騙す、そして酷いのになると内容も「騙し」になっているものも多い。

 邦題への不満はともかくとして、90分弱の上映時間がとても早く感じられます。つまりテンポが良く、流れのある良いSFアクション映画に仕上がっているということです。SFとはいっても、設定でパラレル・ワールドを展開していくストーリーなので、時代や舞台は普通にイタリアの街並みや地中海?リゾートが出てきます。

画像


 ヨーロッパSFらしいのはSFといっても、アメリカ映画のようにすぐにロボットやらUFOなどの特撮に頼ったキャラクターや設定を登場させるわけではなく、どちらかというとドリフ大爆笑の「もしも〜」コント・シリーズのように、今現在のシステムの中で、何かひとつの社会的なルールが変わったら、どうなるかという設定型SFとでも言えばいいような脚本で、映画を語っていきます。

 お金は出来るだけ使わないという姿勢が根底にありながらも、芝居はきちんと積み上げていき、室内撮影の内装にはポップな感覚を入れて、「似ているが、どこか落ち着かない」世界を構築していきます。

 戦争が否定されたが、暴力のはけ口を求める民衆のために制定された、この別世界で展開される殺人ゲーム「ハント」のルールは至って簡単である。

1.ゴールは10回のハント成功であり、ハンターと標的は5回ずつの交代制。
2.ハンターは標的の名前・住所・生活習慣などすべての情報を知っている。
3.標的は誰がハンターかを知らされない。
4.各ハントの勝者には賞金が出て、10回勝ち抜くと100万ドルもらえる。

 補則としてはもし誤殺した場合は懲役30年の刑、レストランや病院など公共性の高い建物では射撃禁止などがあり、どこでも、そして誰かを巻き込んではいけないというルールの下で殺しあう。
 
 最初は近未来SF映画、それもハードボイルドな殺人を取り扱ったものでもあることから、真面目に撮っているように見えるのが、徐々に箍が外れだし、気がつくといつの間にか、しかめっ面をして、真面目な振りをして演技しながらも、ポップなファッションや控えめなエロチックさが画面に充満してくるイタリア製SFもどきブラック・コメディに変容してくるのがなんとも笑えます。

 この映画で楽しいのはハンターが中国茶販売会社(明茶カンパニー、だったかな?)にCM出演を依頼され、殺人ゲームの現場をそのまま撮影し、視聴者を釘付けにしようという物騒な契約を結ぶのですが、殺されようとする標的側(マストロヤンニです。)もこの会社に逆提案をして、彼女を殺すからギャラをよこせという二股契約を結ばせます。

 業者にしたら、どっちでもいいので了承するものの、「ただし殺しの舞台は絵になるコロセウムでやってくれ!」というくだりが人命軽視のこの近未来世界を象徴しているようで、じつはわれわれの世界そのもの、そして、マスコミの番組製作姿勢への痛烈な批判をしているのがいかにもヨーロッパ的なブラックな笑いを誘う。

 途中、いかにもイタリアらしく、奥さんとの離婚問題や愛人との金の切れ目が縁の切れ目的なシークエンス(フェリーニの『8 1/2』みたい!)、こうした女たちと大揉めに揉めた後、最後に標的マストロヤンニとハンター・ウルスラが国家監視の下で殺し合いながらも、なぜか恋に落ちていくという、いかにもイタリア的な展開となり、結果としてイタリア国家を騙しきって(まあ、騙しやすいんでしょうね…。)、パンナム機に搭乗して、アメリカへ飛び立っていく。ここまでくると、理屈はどうでもよくなってきます。

画像


 さらに興味深いのがラスト・シークエンス。もともとは殺し合いがゴールのはずであったが、実は違うということがこのあとに明らかになる。主人公はヒロインに嵌められてしまい、機内で銃を突きつけられるという状況下で、無理やりに結婚させられて映画が閉じられるのである。つまり、殺し合いよりももっともつらいのは結婚ですよ、というブラック・ジョーク的な落ちがついてエンディングを迎えるのだ。センセーショナルな内容でストーリーを語っていくのに、最後は苦笑いさせて終わらせるというのはいかにもヨーロッパらしい皮肉っぽさが素晴らしい。

総合評価 75点



華麗なる殺人 [DVD]
キングレコード
2003-07-02

ユーザレビュー:
M.マストロヤンニと ...
とにかく楽しい映画で ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



映画の文法―実作品にみる撮影と編集の技法
紀伊國屋書店
ダニエル・アソホン

ユーザレビュー:
高校時代からの愛読書 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
エリオ・ペトリ監督は


社会派の監督として


知られています


来ォい奴ほど手が白い


莱奇な恋の物語


落E人捜査


利J働者階級は天国に入る


などが主な作品


莱リ麗なる殺人は


個人的に好きな作品で


ビデオでソフトを所持


しています


近未来の話ですが…


ラストの航空会社


パン・アメリカン航空は


91年に経営破綻した


事情があるのでちょっと


笑えました


レトロな感じがまたよい


かと思います


ユーモアに溢れた好感


の持てる作品です


パーソナルベスト
2016/05/28 07:56
こんばんは!

ポップで皮肉っぽい感じがなんとも心地よく、ブラックなユーモアに溢れる作品でしたね。

洒落た映画ですが、アメリカ映画のような派手さに慣れている目には地味に映るかもしれません。

それでもぼくはこの独特の雰囲気が好きです。

ではまた!
用心棒
2016/05/28 19:04
コメントありがとうございます


マイナーな作品を(苦笑)


詳しく解説していて


再度ビデオで見直して


観ました


ウルスラ・アンドレスは

ボンドガールを演じた


女優さんですね


マルチェロ・マストロヤンニは


個人的には翼}カロニが


一番好きですがこの作品も


また好演です


残酷なシーンがないのも


観やすい要因の1つかな


ちなみに僕が生まれる


5年前の作品ですね


パーソナルベスト
2016/06/12 21:57
こんばんは!

こういう洒落たセンスがきらりと光る作品というのはヨーロッパ映画の独壇場ですね。お金を使わなくとも、特撮に頼らなくとも作れる観念SFは考えさせられることも多く、観終わった後に何とも言えない苦い味わいのある作品がありますね。

ではまた!
用心棒
2016/06/14 01:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
『華麗なる殺人』(1965)近未来、殺人ゲームを合法化した、パラレル・ワールドを描いたSFコメディ。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる