良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『獣人雪男』(1955)差別表現?のため封印されている『ゴジラの逆襲』後の東宝特撮映画。

<<   作成日時 : 2008/01/18 01:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 11

 東宝映画が『ゴジラ』と『七人の侍』で大当たりを取った1954年の翌年である1955年に『ゴジラの逆襲』のあとに製作されたのが今回紹介する『獣人雪男』です。しかしこの作品を今ビデオやDVDで正規で見るのは不可能です。何故ならソフト化されていないからです。

 陽の目が当たらなくなってしまった原因は登場する日本アルプス奥地に住む集落の人々の描写にありました。この部分さえクリアされれば、商品化するにあたり、障害となるのは何もないのではないだろうか。今回、僕は海外版のビデオを手に入れましたが、そのとき一緒に日本語版のビデオが同封されていました。

 今回手に入れたのはおそらく1998年だったと思いますが、グリフォンという、いかがわしい今でも謎の多い会社が突如売り出した音声のみを完全収録した『ノストラダムスの大予言』と『獣人雪男』のスチール満載の解説ブック付きドラマCDを買った人たちに、東宝から借りていたビデオを、彼らグリフォンが横流しをして販売したビデオが音源と思われるものです。

画像


 この一連の『ノストラダムスの大予言』と『獣人雪男』の完全版ビデオの特徴はタイム・コードの数値が常に画面上部に示されていて、『ノストラ〜』はトリミングされることなく、横長の画面であることが挙げられる。明らかに非売品であり、販売用の正規版ではないのは一目瞭然である。

 海外版についてはこれは正規の商品であるが、『獣人雪男』の場合では国内版が94分なのに対し、大幅な本編のカットと外人が喋るシーンなどの挿入が加えられ、65分弱に編集されてしまっている。作品のテイストは窺い知れるが、哀愁や独特の暗さが影を潜めてしまい、原形を留めていない。しかも当然全編英語に吹き替えられており、字幕はない。

 それはともかく特撮系発禁映画については常々申しておりますが、大騒ぎされるほどの差別助長表現はそれほどないということです。どのように誠意を尽くして、商品の販売側が細心の気を使ったところで、イチャモンをつける人は何とでも付けてきます。

 
画像


 一部特定少数の意見のために、大多数の視聴者の楽しみを奪うのは間違えていますし、無理に隠したところで差別が無くなるわけでは決してない。確かに拙い部分もあるでしょうが、「タブー」は時代ごとに変わってくるものではないでしょうか。今の価値観に合わないからといって、クラシック作品を封印するのは全く馬鹿げている。

 クレームを挙げれば良いというものではないし、いちいち映画会社やテレビ局もそのような少数意見にばかり、気を使う必要性などないはずである。小難しいことなど本来考える必要性がないのが特撮映画の第一の魅力だったのではないでしょうか。

画像


 よって今回は純粋に特撮映画の隠れた一品として普通に採り上げていきます。何の先入観もなければ、言われるような差別表現をそれほど感じることもないだろうと思われるからです。ただ差別と感じる部分もあるのは事実です。戦後の話なのに、無理やりに秘境映画仕立てにしているせいで、たしかに山奥の集落の人々の描き方に問題はあるのです。

 異常に畸形者が多く、隻眼、隻腕だったり、骨格に異常がある住人がかなり画面に出てくるのです。しかも住まいは藁葺き小屋で、着ているものはボロボロで、イノシシや鹿の足を小屋の前に置いてたりします。さらに谷の狭間の低地にその集落はあり、外部との交流がほとんどない状態で描かれている。

 そうした部分のみを見れば、単なる差別助長と取られても仕方ないのかもしれません。しかしこの物語で描かれるのは雪男の親子愛と避けられない滅び行く運命、彼らと普通の人々との触れ合い、そして彼らを見世物にしようと企む悪党どもとの戦いを見せる映画なのです。

画像


 特撮技術としての見所はまずは重厚な獣人のデザインでしょう。重そうではありますが、人間と獣のちょうど半ばという微妙な設定である雪男のデザインとしては秀逸だったのではなかろうか。強そうな感じもよく出ていました。

 着ぐるみだけではなく、獣人のミニチュア操演パートもある。さすがに今見るとチャチだが、モノクロ映像のためか、どことなく怪しさを増した仕上がりにも見える。断崖絶壁を駆け上がるシーン、車を持ち上げ、深い谷間に投げ下ろすシーンは迫力がありました。

 また雪山など山岳物特有のスペクタクル・シーンである雪崩れや崖崩れ、そして急な山道からの落下シーンなどがふんだんに盛り込まれている。獣人が集落に襲いかかってくるシーンでの火事場のパニック映像も良く出来ていました。

 オープニングで見せる、雪のゲレンデでのスキー・シーンも爽快で、戦争が終わってほっとして平和を謳歌している雰囲気が出ていて微笑ましい。

 さて映画についてですが、誰もが手軽に見られるという作品ではありませんので、理解の足しになるかもしれませんので、いつもはやらない物語の経過についても要約をお話させていただきます。

 物語はスキー場へ掛ってきた、河内桃子への一本の電話から始まります。その電話は河内桃子の兄から掛ってくるもので、ただ事ではない状況が電話での会話からも容易に推察できます。叫び声が二つあり、一方は人間なのですが、もう一方は明らかに獣の声でした。

画像


 その後消息を絶った彼のために捜索隊が編成され、河内は宝田明らとともに日本アルプスへ向かいます。そこで謎の怪物や見世物を捜し求めてやってきた悪質興行主(小杉義男)らとの戦いが始まります。本来は温厚で、宝田や河内の兄を助けたりもしていた雪男にたいして、人間が仕掛けた仕打ちは非道の一言に尽きる。

画像


 興行主たちは悪党で、自分たちの目的のためには手段を選ばず、村人達を容赦なく銃殺しまくり、雪男にも魔の手を伸ばす。まずは子供を誘拐し、親をおびき寄せ捕獲してしまう。親が恋しい子供は捕獲車両に助けに行くが、かえって自分の身を危険に晒してしまう。

画像


 大切な子供雪男を興行主に銃殺されて、怒り狂った雪男は関係ない集落までメチャメチャに破壊し、村人や興行主の一味を皆殺しにしていく。ついでに子孫繁栄のためか、河内を誘拐し、山の奥地に潜んでしまう。

画像


画像


 山奥の噴火口に雪男を追い詰めた宝田らは集落の娘(根岸明美)が言うままに彼女を危険に晒し、河内を奪い返す。そのために娘は命を落とすが、ラストシークエンスでは追悼の言葉すらないほど冷たい。宝田に惚れた娘の死に様なのに宝田はあまりにも冷たかった。

 全編を貫くのは哀しみであり、明るさを感じる作品ではない。常に哀愁を漂わせながら生きている獣人の目はとても悲しそうであり、彼にとっての唯一の生きがいであった子供を失った時に彼の中の何かが崩壊したのである。

 東宝特撮映画の初期では明るさよりも、哀愁こそが根底を貫く太い骨組みだったのだが、戦後の繁栄とともに明るさばかりに目が行くようになってしまった。明るい路線に変更してから、傑作が生まれなくなったのはなんとも皮肉なものである。

画像


 演技面では本来雪山などは男の独壇場であるはずだが、宝田明を筆頭にあまり輝いている印象がなかった。むしろ彼らよりも素晴らしかったのは二人のメイン女優だった。ひとりは『ゴジラ』のヒロインでもある河内桃子であり、もう一人は根岸明美であった。

 河内桃子は清潔な女性を今回も演じていて、存在感はさすがでしたが、今回のヒロインはその悲劇性を考えても明らかな通り、根岸明美であるのは間違いない。薄幸の野生の女性・根岸と清楚なお嬢様・河内に宝田を交えた三角関係になるのかとも思いましたが、宝田の方にはそんな気はまったくなく、なんとも女泣かせなプレイ・ボーイでした。

画像


 獣人雪男も最後はあっけなくやられてしまいますが、一人残されてしまった彼にとっては一人で生きる辛さよりも、その場で自決するという選択肢が必要だったのかもしれません。日本版では根岸共々噴火口に落ち、その生涯を終えますが、アメリカ版では子供雪男の死骸がわざわざアメリカまで運ばれて、それを元に白人博士?たちが「ああでもない。こうでもない。」とダラダラやっていました。

画像


 東宝特撮映画の初期のテイストを汲む傑作のひとつである。いつまでも封印され続けるには惜しい作品であり、いつまでもマニアのブラック・マーケットで法外な値段をつけられているべき作品ではない。

総合評価 80点


めぐりズム蒸気でホットアイマスク ラベンダー14P
花王
2009-09-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by めぐりズム蒸気でホットアイマスク ラベンダー14P の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『アクセス・ランキング』はじめてですが、12年間での集計です。
 2005年にブログをはじめてから、いつの間にか10年以上が経ちました。先日、よく遊びに来ていただいているさすらいの映画人様とのお話の中で、アクセスについて触れることがあり、今回の記事を思いつきました。 ...続きを見る
良い映画を褒める会。
2017/06/08 01:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
この作品、さすがに未見の為に、用心棒さんのレビューを参考に想像するしかないのが辛い所で(笑)。なんとなく「キング・コング」「怪獣ゴルゴ」的ストーリーを新東宝映画「九十九本目の生娘」風味で料理してみましたという感じですね。
ただおっしゃる通り、差別的表現やビジュアルの規制によって作品が封印されるのは辛い事です。先日も石井輝男の「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」を海外版DVDにて再見、思いを新たにしました。
「恐怖奇形人間」「獣人雪男」ともに名画座の特集では常連作品だけに、その需要も多いはず。この多チャンネル時代、専用チャンネルなどで視聴者を規制し、放送するなど色々な手も考えられるのですが。勇志の登場を期待したいですね(笑)。
オタクイーン
2008/01/19 11:25
 こんにちは!
おおおっ!『九十九本目の生娘』と『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』ですか!

ぼくも最近「恐怖〜」の海外版が普通にアマゾンやヤフオクで販売されているのを知り、驚きました。

じつはおそらく両作品とも、数日中に手に入る予定です。しかし両方とも地上波テレビでのオンエアは不可能でしょうね。

記事にするかどうかも迷っていますが、臭いものには蓋にしないよう細心の注意とともにアップするつもりです。

ノストラでも触れましたが、見直すと素晴らしい作品なので、一部のみに焦点を当てて、なかったことにするのは止めて欲しいですし、「18禁」で問題ないので、正規で復活させて欲しい作品群ですね。ではまた!
用心棒
2008/01/19 11:45
こんばんわ!ご招待、ありがとうございました!
差別表現、放送禁止語等、納得いかない規制ですねぇ、、、
美術関係だと、露出していても良いのに、映画も芸術として、そう言う規制は、外して欲しいところですね。
猫姫少佐現品限り
2008/01/20 23:35
 ひめさま、こんばんは!お立ち寄りいただきありがとうございます。
>規制は、外して欲しいところですね。
 まさにその通りですね!絵画なんかはダヴィンチの昔から裸婦像のオンパレードですし、黒人とか原住民を描いてはいけないのならば、ゴーギャンなんか表に出せないし、残酷な描写がダメと言うなら、ピカソの『ゲルニカ』なんかもダメなんじゃないでしょうか。
 結局クレーマーの自己満足のために弱腰の映画会社が勝手に臭いものや臭くなりそうなものに蓋をしているだけなんでしょうかね。
 判断するのは供給側ではなく需要側の仕事だと思いますよ。出して売れなかったら、廃盤にすれば良いだけなんですけどね。なんか釈然としません。ではまた!
用心棒
2008/01/21 22:32
差別かどうかは第三者が決めることではありません。
障害を持つ人が同じ表現を見ても、苦痛に感じる人と
全然平気だという人がいます。
そして、苦痛に感じた人が「差別された」と
声をあげるとところから差別問題は始まります。
声がないところには差別問題はありません。
そして、声の大きい人がいる問題がよりクローズアップされ声の小さいものは黙殺されます。
何がよくて何が悪いという絶対的な基準などありません。
ひとつ確実に言えるのは、障害者差別と地域差別は、
非常に声の大きい集団が世界にたくさんあります。
そのおかげで、あってはならないこととして、
社会的コンセンサスが得られていますから、
おおっぴらに売り出すと声が上がるのは明白です。
メジャーな配給会社が出さないのは当然ですね。
ですから、こういった作品は、好きな人が
アンダーグランドな場所で入手し、
こっそり楽しむのがよいと思います。

長々とすみません。
PONTA
2009/03/25 05:23
東宝特撮怪獣映画を全部コレクションしようとすると、封印作品があるというのは、本当に困るのです。でも障害者団体の中には新左翼系もありますから公式公開は確かに難しいのかも…。但し闇?で出回っているものは、例の同期用タイムコードつきの鮮明な画像ですし、公式に市販されているものより6割廉価です。
まりん
2009/07/09 13:06
 こんにちは!
>例の同期用タイムコード
 グリフォンがらみのビデオが『ノストラダムスの大予言』『獣人雪男』ともに出ていましたね。ぼくは海外版の『獣人雪男』を持っていますし、日本版も大昔に名画座で見ました。
 東宝は本当に封印作品が多いですね。ただ海外では『遊星より愛をこめて』も『ノストラダムスの大予言』も普通に出回っていますし、なんだか封印そのものが胡散臭い感じがします。

 結果、闇ルートが繁盛し、『狂気人間』なども正規版DVDボックス・セットとともにオマケ扱いで高値がついていますね。
用心棒
2009/07/09 17:36
この作品は集落の描写が問題だからソフト化されないんですよね?
なら、断り書きをしたらいいと思います。
それに、「大怪獣バラン」だって部落描写があるのに、現在では普通にDVD化されています。これと同じような描写がある獣人雪男だけを封印するのは変だと思います。(部落描写のキツさはこっちの方がはるかに上ですが・・・)
あと、雪男って、ゴジラ、アンギラスに続く東宝怪獣第三号なんですよね。それなのに、いまではなかったこと扱いされていて、残念です。

2010/02/14 11:39
 電さん、こんばんは!
>断り書き
その通りですよね。18禁とかで全然良いんですし、蓋をするよりもこのほうが健全です。CSとかでも最近は本編前後にお断り文章が出てきていますし、台詞も音声がカットされていたりするものの、ほぼ全体が放送されていますね。

>第三号
去年から東宝DVDシリーズがリリースされていますけど、未だになかったことにしていて、東宝全リストからも除外されていました。情けない限りですね。

 ではまた!
用心棒
2010/02/15 21:15
おはようございます!そして、はじめまして!さすらいの映画人です。先週池袋の新文芸座で「獣人雪男」が上映され見てきました!集落の人々の描写が問題になるならジャッキーの「サンダーアーム」「プロジェクト・イーグル」「WHO AM I?」の原住民の描写や、ニカウさん出演映画や、「クロコダイル・ダンディー2」でのアボリジニの台詞「これ、喰っていいか?」だって問題視されるはずです。いずれは「雪男」もDVD化してほしいですね(倉敷保雄さんのコメンタリー入りで)。
さすらいの映画人
2010/12/12 06:51
 さすらいの映画人さま、はじめまして!
>池袋
おおっ!いいですねえ!うらやましいですよ!

>集落
本当に規制のかけ方が意味不明で、販売側がおびえすぎというか、いちゃもんをつける人よりも普通に見たいという人の方が圧倒的に多いでしょうから、断り書きとかを示すことで各々が考えれば良いという方向に持っていって欲しいですね。

『ブッシュマン』も『コイサンマン』とかに変わっていて、DVDを買うときに違う作品かと思いました。あれも良い作品ですし、よく分からない規制とかを止めてほしいですね。

ではまた!
用心棒
2010/12/12 20:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
『獣人雪男』(1955)差別表現?のため封印されている『ゴジラの逆襲』後の東宝特撮映画。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる