良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『映画と食べ物』スクリーン上で有名俳優や女優が何かを食べると、なんだかとても旨そうだ!

<<   作成日時 : 2007/12/15 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

 映画に出てくる食べ物というと、どんなものを思い浮かべるだろうか。日本映画ならば小津安二郎作品に出てくるような、卓袱台を囲んでの一汁一菜の質素な食卓を思い浮かべる人も多いでしょう。

画像


画像


 アメリカ映画ならば、『スーパーサイズ・ミー』を例に挙げるまでもなく、ハンバーガー、コーラ、ドーナツをほおばっている映像が目に浮かぶかもしれません。たとえば『ツイン・ピークス』では泣きながらドーナツを食べている姿やチェリーパイが目に焼き付いています。

画像



 ヨーロッパ映画でのハイソの人々を扱ったヴィスコンティ監督作品などの映画ならば、彼らの自宅シーンではメイドさんや執事がいてすべてを準備するために、家の者は何もしないという感じも多い。または高級レストランで、パリッとしたスーツを着飾ったりしたカップルを思い浮かべたりと、日常とは違うハレの雰囲気を漂わせているシーンが多い印象がある。

 我が国では外食という習慣がなかった訳ではないが、洋画ほど食事シーンで異質な雰囲気は出てこないのは何故でしょうか。洋画での食事シーンは何か他のシーンとは違い、シーン全体が浮き上がっている印象がある。

 邦画でよくあった、日常生活での家庭料理を囲むシーンは普通の感覚で撮られていて、観る者たちも当たり前のように受け取っているのはなんとも不思議だとは思わないのだろうか。

画像



 もっとも生きる上で重要であるはずの食事シーンが印象に残らないのは何故でしょうか。食べるという行為そのものが、他人に見られたくないという人は意外と多い。レストランで友人など内輪の人間が一緒にいるなら外食でも食べるという感覚、独りで外食出来ないという感覚は根が同じである。

 アメリカ映画では、もしかすると食事という行為そのものに別の意味を持たせていたのではないでしょうか。昔のハリウッド映画ではセックス描写が厳しく制限されていたため、ダンス・シーンが代用に使われていました。

 また西部劇のピストルの位置は腰の当たり、つまり性器の象徴として隠喩が施されていました。食事シーンもそれらと同じ意味をなしているのでしょうか。家族で食卓を囲むシーンではそういった意味はあまりないのでしょうが、二人で囲むシーンには暗に彼ら二人の親密な関係性が示される。

 そして邦画では秘め事として語られ、洋画では求愛ダンスのように語られる。独身者同士のシーンを作るのが圧倒的に多いが、妻帯者の冷え切った夫婦仲を食卓を使って表現するシーンもまた多い。

 反対に夫婦仲の良さをアピールするものもある。妻帯者の食卓シーンで印象に残るものの一つにエルンスト・ルビッチ監督の『結婚哲学』での朝食シーンがあります。

 この映画では、幸せな温かい家庭を朝食のポーチド・エッグとティー・スプーンのみで名匠、ルビッチ監督は表現しました。サイレント映画なので、全く台詞がないのに観る者はなんだかほんわかした気分を味わえる。

 豪華な食事でもマリー・アントワネットや西太后が食べていれば、その映像そのものが権力者へ対する批判と不満を観客に与える。「パンがなければ、ケーキを食べれば良い。」と言ったマリー・アントワネット、食べたいメニューを夜中だろうが何だろうが、持って来れなかったら、食事担当の人を処罰したという西太后の逸話もあります。

 贅沢料理自体には罪はないのに、誰がどういったシチュエーションで食べるのかによって、映像の意味が違ってくる。『宮廷料理人 ヴァテール』でもフランス国王ルイ14世をもてなした三日間の饗宴での豪奢な食事シーンが出てくるが、演出も美しく撮ってはいるものの皮肉たっぷりに映し出している。

 つぎに何故、食事シーンを入れるのだろうか。個人的な見解ではありますが、食事の準備シーンや食事をしているシーンを入れると、不思議と登場人物にも人間味が出てくる。同じ人間であることが示されるシーンでもあるのだ。

画像


 冷酷なマフィア裏社会を描いた『ゴッド・ファーザー』にも、アジトでアル・パチーノがパスタの調理法を習うシーン、シチリアで地元の農家の家族にお昼を振る舞われるシーンなどがあり、この映画には食にまつわるシーンに印象に残っているものが多い。

画像



 同じく香港裏社会を描いた『インファナル・アフェア』でも中華料理のテイク・アウトを貪り喰らうシーンがあるが、かなり旨そうに見える。僕も香港に行ったときに食べたことがあるが、ペラペラのプラスチック容器で食べるチャイニーズも何故か旨いのです。このときのことを思い出し、妙にそれから中華料理が食べたくなったことがありました。

画像


画像



 香港映画でいうと、ジャッキー・チェンやサモ・ハン・キンポーの出ているコメディ映画ではお玉や鍋などが武器に早や代わりしたり、彼らが食べる肉まんやタン麺が実に旨そうに見える。「お前に食わせるタン麺はねえ!」というギャグが出来るほどですので、他の人も強い印象が残るシーンだったのでしょう。実際にはこういう台詞はないらしいのですが…。

画像



 『酔拳』でのカンフーの達人おじいさんが呑む酒もなんだか僕等が呑んでるお酒よりも良い味を出してそうに見えますね。香港映画にはこういった食にまつわるシーンが結構多いのでしょうか。数えたことはないので分かりませんが、いつも主役はなんか食べているような気がします。しかし、香港映画での肉まんは本当に旨そうです。

画像


画像



 その他思い浮かぶ映画には伊丹十三監督の傑作コメディ『タンポポ』でのラーメン修行や役所公司が情婦と生卵を口移しで頬張り、最後に情婦の口から精液のように卵黄が零れ落ちるシーンなどはかなりエロチックです。

 エロチック繋がりならば、セックス願望はすぐにかなうのに、食欲を満たすことが出来ない不思議な映画、ルイス・ブニュエル監督の『ブルジョワジーの秘かな愉しみ』も忘れられません。

 食卓での並び方が強く印象に残る松田優作主演の『家族ゲーム』、『ルパン三世 カリオストロの城』でのミート・ボール・スパゲティなども食べたいなあと思いながら観ていました。

画像


 ボロネーゼ風のパスタ料理なんで、実際に行ってみたらイタリアの中部とか北部で出てきそうですね。京都のイタリア料理店で日替わりメニューで出てきたときには迷わずオーダーしました。真ん中に温泉卵が乗っかっていて、かなり美味しかったのを覚えています。

画像



 モノクロ・サイレント映画にも食事の名シーンがあります。それはチャーリー・チャップリン監督の『黄金狂時代』での寂しいクリスマスのシーン、そして山小屋での革靴ステーキを食べるシーンです。極限状態での食への欲望がこれほど剥きだしに表現された映像はあまりないのではないでしょうか。

 同じくチャップリン映画では『キッド』でホット・ケーキをジャッキー・クーガンと平等に分けるシーンを思い浮かべました。

画像



 古今東西、色々な映画の中での食事シーンを思い出しながらの記事になりましたが、映画を観る切り口の幅広さを得た気持ちがします。(おおげさですね!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
”X”Episode 11.5
遅い目覚めの後、温めのシャワーで洗った髪を乾かしながら、金曜深夜のエアチェックを ...続きを見る
オタクイーンの「恋するネヴュラ」
2007/12/16 01:09
【 サイレント映画 】について最新のブログの口コミをまとめると
サイレント映画に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 ...続きを見る
プレサーチ
2007/12/16 17:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒様、まずは大きなお詫びをしなければなりません。昨日拙記事に頂いた大切なコメントを、当方の操作ミスにより誤って消去してしまいました。大変申し訳ありませんでした。用心棒様のコメントはいつも楽しみにしていただけに今回の私の罪は重く、大変反省しております。この場をお借りして陳謝いたします。今後はこのような事の無いよう注意致しますので、なにとぞお許し下さい。重ね重ね申し訳ありませんでした。
オタクイーン
2007/12/16 01:15
もしお許しいただけるなら、今回の貴記事について私見を述べさせて下さい。
私は以前、広告業界に籍を置いた時期があります。その頃先輩より、人の唇は男女の秘め事を連想させるので、広告写真で使う時には特に注意するよう指導がありました。今はそれ程でもありませんが、数十年前の広告の世界ではそのような掟がまかり通っていたのです。
映画の世界にもそのような風潮があったのかもしれません。それが食事シーン描写の抑制に繋がったとすれば、用心棒様の解析も遠からずといった所ですね。
過去の映像作品をそういう観点から解析してみるのも、また楽しいものです。
オタクイーン
2007/12/16 01:26
 オタクイーンさん、こんばんは。
>操作ミス
 いえいえ、お気になさらないでください。ぼくも頂いたTBを間違って消してしまうことがありますよ。
 またコメントしに行きますね!
>そういう観点から解析
 いろいろやってみたいことはありますね。例えば映画に出てくるキャラクターを名詞、俳優の行為やクロース・アップなどカメラの映像技法を動詞、風景や色彩を形容詞と捉えてカウントしていくと何が多くなってくるのか、作品や作家によって特長は出てくるだろうかとか考えたことがあります。面倒くさそうなんでやりませんが…。
 ではまた!
用心棒
2007/12/17 00:16
用心棒さんへ。
酒飲みではないのですが、こちらは映画の中のお酒「シネマティーニ―銀幕のなかの洋酒たち」(著・武部 好伸)という本面白かったです。アン・リー監督の「恋人たちの食卓」は元料理人の父親が作る料理の数々は涎もんでした。
シュエット
2008/03/06 10:25
 こんにちは!
 映画は視覚・聴覚はもちろんなのですが、実は味覚・臭覚・触覚なども人類の共通理解とともに表現できるんですよね。
 いま書いているのはそういう記事です。出来るだけ早めにアップいたしますので(多分週明けまでには…。)、コメントをいただければ幸いです。ではまた!
用心棒
2008/03/06 10:59
こんにちは。
記事を読む順番が逆になってしまいましたが、こちらも大変興味深く、おもしろい内容の記事ですね。サブリミナル的な部分も。
「目」と「耳」以外でも感じ取ることはなかなか簡単ではないように思えます。つまり、私的には再度くりかえしますが、まず最低限、「目」と「耳」で集中してから、これができてのプラスアルファだと思うのですが、この食事という誰もが当然毎日行う、生きてゆく為の最も重要な手段、これから感じる味覚等の「目」「耳」以外の五感というのはとても取っかかりやすく、だれもが想像力をはたらかすに容易なものですね。
イエローストーン
2008/03/17 09:00
なるほど。私は全ての人に高度な読解力や感想をもとめて気軽に映画をみることができなくなってしまうのがとても抵抗を感じるのですが(当然、出来る人はやるそうやるできで、製作側の質までおちることは論外なのですが)、これはおっしゃる通りですね。

>映画を観る切り口の幅広さを得た気持ちがします。

これはおおげさではなく、非常に賛同いたします。

ただ、食から潜在意識的な部分を刺激を受けすぎて、映画の内容よりも映画が終わった後の食事の心配でもされだすとちょっといただけないですけどね(笑)。
私は、真っ先にうかぶのはマクィーンがスプーンでビーンズを食べているシーンと、イーストウッドがホットドッグをほおばりながら44を撃つシーン、そしてあとはやはり「タンポポ」。なかでもゴローと渡辺謙演じる男がタンポポの家で朝食を食べるシーンですかね。あれが非常においしそうです。
イエローストーン
2008/03/17 09:01
 おはようございます!
 ハリー・キャラハンは何をしていてもカッコイイですよね。「Make My Day!」って、とても短くぶっきらぼうに語られますが、印象的でした。マックイーンも出てきたのは嬉しいです。
 『タンポポ』でしたら、ヤクザ(役所公司?と黒田福美?が生卵を口移しでほおばり合うシーンはかなりエロティックでしたね。
用心棒
2008/03/17 11:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
『映画と食べ物』スクリーン上で有名俳優や女優が何かを食べると、なんだかとても旨そうだ! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる