良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ファンタジア』(1940)アニメと音楽で、哲学を語るウォルト・ディズニーの凄み。

<<   作成日時 : 2006/04/07 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

 1940年にアニメーションを使い、映像と音楽を融合させた、壮大な実験作が、この『ファンタジア』です。アニメといえば、どうしても子供向きと捉えられがちではありますが、ここで描かれる映像が表すものは、ウォルト・ディズニーのアニメへの強い愛情と哲学です。

 まず驚かされるのがオープニング・シークエンスであり、ここに登場するのはミッキーでも、ミニーでも、ましてやドナルドでもない、この作品の主役であるオーケストラの演奏家達です。全編アニメで構成されると思っていた観客は、まずここで肩透かしを食う事になります。

 この作品が目指すものは、映像と音楽の融合なのです。そのために用いられるのが、アニメーション技術であり、それによって最も表現したいのはウォルト・ディズニー自身の精神世界と哲学に他ならない。彼の哲学を全世界に知らしめるためには、彼のスターであるミッキー・マウスも必要ではありません。

 もっとも人気があったミッキーは言うまでもなく、『白雪姫』その他のキャラクターも一人も使わずに、情景描写の美しさと幻想的なキャラクターのみを使って長編映画を製作することはかなりの冒険だったと思いますが、彼は見事なまでにディズニー映画史上、最も美しい作品を作り上げました。

 作品の冒頭において、指揮を務めるレオポルド・ストコフスキーが、音楽についての3つの定義を述べ、作品を進めていきます。第一の音楽は、「音楽のためにのみ存在する、音楽」、いわば絶対音楽であり、例としてバッハの『トッカータとフーガ』がフィラデルフィア管弦楽団によって演奏されます。

 第二は「情景を感じさせる音楽」であり、ベートーベンの『田園』、ストラビンスキーの『春の祭典』などが演奏されます。第三は「物語のための音楽」であり、ミッキーが唯一出てくる『魔法使いの弟子』、『禿山の一夜』、『アヴェ・マリア』に合わせた音楽が奏でられます。

 アニメ映像ではない、実物である演奏家達については、シルエットと照明技術で映像を作り、演奏している音楽を重ね合わせ、さらにアニメーション映像のイメージを被せていく。映画館で、サイレント映画に楽団演奏を加えられて見ているような気持ちになります。

 美しい映像と素晴らしい音楽が渾然一体となり、高い次元の映像世界が展開されていきます。アニメ映画が、実際のオーケストラによる音楽を伴うと、まさにライブの演奏会として進行していく錯覚を覚えます。

 音楽では、このほかにストラビンスキーの『春の祭典』、ベートーベンの『田園』、ムソルグスキーの『禿山の一夜』、シューベルトの『アヴェ・マリア』など合計8曲のクラシック音楽の名曲の数々が、ディズニー・アニメと融合しています。

 後半は第三の「物語のための音楽」が語られ、映像と音楽がシンクロします。クライマックスで演奏される、悪と善の戦いであるハルマゲドンを表現したような、『禿山の一夜』から『アヴェ・マリア』への流れは究極を目指したこの作品に相応しいエンディングでした。音楽と映像のみで語られ、余計な台詞などは全く無い映画的な完結が素晴らしい。

 作品中でのアニメーションのイメージの美しさは今でも目に焼き付いています。妖精たちが飛び跳ねる時に付いてくる光の残像、花々のダンス、自然描写の滑らかさはクラシック・バレエ、アイス・スケートのフィギュアのフリー、由緒ある舞踏会のような趣を持っています。

 特に素晴らしいのが、光、火、水、土、風、という「元素」や環境の映像表現です。とにかく滑らかで、繊細で、力強く、軽やかなのです。これらの情景描写がしっかりと、そして活き活きしているからこそ、その前で動き回るキャラクター達もまた、生命力を吹き込まれ、永遠の命を得て、スクリーン上で生き続けているのでしょう。

 なかでも「水」の描写のひとつである波紋、泡、水飛沫、水中での藻の揺れ方などは絶品の美しさをいまでも保っています。幻想的な映像の中に息づいているリアリズムの美しさが同時に存在します。

 ディズニーは春夏秋冬の美しさ、さまざまな草木や生物の持つ多様な色彩を、音と共に洪水のように浴びせかけてきます。アニメの可能性を極限まで高めようとする、彼の製作姿勢には尊敬の念を持っています。

 上映時間120分弱というと、当時のアニメ映画としては、かなり長い作品ではあります。一本全体を見た場合、前半と後半に分かれるこの作品は、前半部分が革新的な映像表現とクラシック音楽をもとに語られる、彼の映像と音楽についての考え方と、今後製作したい作品そのものであったと思います。

 『ファンタジア』は、子供向けでは決してない、大人が考えさせられるアニメーションの最初の作品でした。のちにアニメではありませんが、『砂漠は生きている』などのドキュメンタリー作品を世に送り出した、ディズニーの興味のほとんどはここで既に示されているのではないでしょうか。それは自然界の美しさへの賛美と、弱肉強食が厳然と存在する、自然への恐れです。

 ミッキー・マウスの登場時間が10分足らずであることも手伝い、子供たちがこの素晴らしい作品を好きになるかは、はなはだ疑問ではありますが、そういった子供向け作品に飽き飽きしていた、ディズニー自身のフラストレーションが限界近くまで昇華される事で生まれたのが、この『ファンタジア』なのではないか。

総合評価 98点
ファンタジア
ファンタジア [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『アラン・ドロンについて』I〜音楽の使い方が好きな作品 その1 クラシック音楽編〜
 映画評論家の岩崎昶氏の名著「映画の理論」には、トーキー以後の映像と音楽の試行錯誤の成果の代表例として、ヴィキング・エゲリング、ルネ・クレール、ハンス・リヒター、フェルナン・レジェ、フランシス・ピカビヤなどの「絶対映画」、あるいは「純粋映画」などを初めとして、ワルター・ルットマン、ルイス・ブニュエル、クロード・オータン・ララ、ジャン・グレミヨン、ヨリス・イヴェンス、マン・レイなどのメンバーによる「前衛(アヴァンギャルド)映画」運動のことが記されており、特にワルター・ルットマンに師事していたオスカ... ...続きを見る
時代の情景
2012/05/04 17:07
夜の温泉街に虹色シャワー
伊東市の松川に架かる大川橋で、虹色のシャワーが降り注ぐイベント「光と水のファンタジア」が毎夜開催され、夕涼みの散策に訪れた観光客や地元住民らの目を楽しませている。9月15日まで。噴射は午後7時半、同8時、同8時半の1日3回。各回15分ずつ。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2014/08/17 15:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは(~o~)用心棒さん。ファンタジアは映画館で2度みにいきました。最初から 最後まで 素晴らしかった!!ビデオでも みましたが、やはり 映画館じゃないと、もったいないです。上映されれば 何度でも見に行きますよ。ト〜ゼン!!!
和登さん
2006/04/09 23:19
 和登さん、こんばんは。二度も観られたんですか!うらやましいですね。
 『ファンタジア』って、2000年にも『ファンタジア2000』が製作されましたが、これも素晴らしい出来栄えでしたね。
 リヴァイバル上映とかあったら行きたいですね。これ以外に行きたいのは『2001年 宇宙の旅』です。ではまた。
用心棒
2006/04/10 00:00
『ファンタジア2000』は天保山のサントリーホールで 大スクリーンで見ました。 海の中の鯨のシーンなんか 圧倒されました。
後、同ホールで『美女と野獣』も見ました。ファンタジアは やはり最高でしょう!!
和登さん
2006/04/10 20:24
 こんばんは。おおおおおっ!和登さんも関西やったんですか。僕も大阪出身で、今も関西在住です。
 あれ、音響が素晴らしいですものね。『ファンタジア』はスクリーンが、でかければ、でかいほど楽しめる作品でしょうね。
 リヴァイバル上映、是非検討して欲しいですね。必ず行きますよ!ではまた。
用心棒
2006/04/10 23:23
用心棒さん、あちこちにリンクを貼らせていただいて、またまた事後報告です。(オカピーさんのところは、4記事(笑))
それにしても「ファンタジア」98点とは、素晴らしいですね。
>映画館で、サイレント映画に楽団演奏を加えられて見ているような気持ちになります。
わたしの敬愛している岩崎昶氏の批評と重なります。時代的にはトーキーの試行錯誤がようやく実った1試行作品であったのかもしれません。
音楽と映像が今ほど自然に一体化する時代より以前の作品だから凄い作品なのだと思います。
氏の「映画の理論」を再読して、記事をアップしたのですが、絶対映画から影響を受けていたアヴァンギャルド運動家のオスカー・フィッシンガーの影響を受けたウォルト・ディズニーの「ファンタジア」・・・という流れが映画音楽の源流だと知り、大きく刺激を受けているところです。
凄いですよねえ。
では、また。
オカピーさんのところに事後報告に行ってきます。(笑)
トム(Tom5k)
2012/05/04 17:20
 こんにちは。

子どもの頃は解らなかった映画を大人になってから見るとまるで違う印象を受けることが増えてきています。

活動写真の醍醐味とはどういうものなのかを分かり易くまとめてくれた一本ですね。

>リンク
どうぞどうぞ(笑)

あとで伺いますね。

ではまた!
用心棒
2012/05/05 14:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ファンタジア』(1940)アニメと音楽で、哲学を語るウォルト・ディズニーの凄み。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる